B型肝炎の給付金を得るための訴訟の期限は法律によって決められています。

かつては平成29年1月12日だったのですが、それが平成34年1月12日までに延長となりました。

これまでに給付金が支給されなければ一切受け取ることができません。B型肝炎の給付金の請求期間というのは法律が制定してから5年以内となっています。制定されたのが平成24年1月13日であり、そこから本来の期限は平成29年1月12日だったものが、さらに延長したのです。

ただし、期限があってもそれまでにしっかりと請求をする必要があります。

そのためには検査を受けなければいけません。親族の検査が可能なうちに早めに準備を進めておくべきでしょう。カルテの保存期間の問題もあります。提訴したくても提訴できないというケースも出てくるのです。特に一時感染者についてはすでにかなり高齢になっているケースもあります。

そうなると要件を満たしていることを証明することが困難になります。期限が定められていたとしても、早めに行動しておくことが大切です。また、期限についてはこれからさらに延長される可能性もあります。給付金支給に関する法律が改正される可能性もあります。

最新の情報に注目しましょう。